NOMAD-staff blog

神戸のセレクトショップ 「NOMAD / ノマド」のスタッフブログです。

べろべろナイト

204号の営業日程

 

10月16日close

 

担当Fです、こんばんは。

 

先日。

辛口さん、スタッフの周君と飲みに行っておりました。

 

オーナーシェフと仲の良いビストロへ。

 

常連さんと楽しく飲んでおりました。

 

えらく酔っぱらった、かわいらしい20代半ばの女性がしきりにシェフに話しかけながら。

「私、ずっと待たされてるんです、彼氏に。」

とのことで。

 

数十分後、40才位のその彼氏が、社員さんを連れてご来店。

この彼氏、私の友人のシェフと同業で仲が良いようで。

元町駅の近辺で飲食店を経営されている方だそう。

 

もうべろべろなんです。

『べろべろ』というのはですね。

お酒に酔って『べろべろ』ってのもあるけど。

粘膜同士を接触させるわけですね人前で。

そう、べろべろと。

 

すげえな、スタッフの前で飲食店のオーナーがべろべろだぜ。

他所の店でべろべろだぜ。

 

 

鯉川か山幹(山手幹線です)超えたら、

いくらでもべろべろするとこあるから。

早くいけばいいのにべろべろ。

 

そんな話をぶつぶつと辛口さん、シュウクンと話しておりますと。

私の友人のシェフが冗談交じりで。

「おまえ、う○こみたいな顔しやがって。はよ家帰れ!」

と茶化しましたので。

私とシュウクン爆笑。

 

す、る、と。

するとですよ。

 

「こら、笑い過ぎちゃうんかい。」

と巻舌でおっしゃる。

この場合の『こら』はですね。

こら!!もう!!ぷんぷん!的な『コラ!』ではなく。

 

『こ』と『ら』の間に『ぅる』が入る感じの。

破裂音を伴った威嚇系の『こら』でしてね。

 

やっだ、こっわい。威嚇されてるっぺ。

久しぶりに屋上連れて行かれちゃうよ。

なんて呟きつつ。

面白いものを見せて頂きました。

 

一回、この人のお店に行きたくなりましたね。

 

『酒を飲めば、言葉に羽が生えて、傍若無人に飛び回る』

 

ヘロドトスの言葉です。

 

お酒の楽しく怖いところですね。

 

ちなみに。

 

ヘロドトスの有名な言葉で、こういったものもあります。

 

『女というものは、下着と共に、恥じらいの心をも脱ぎ去るものだ』

 

どうやら、あの日は。

あの女性も男性も。

下着をつけ忘れてきたようで。

 

 

 

広告を非表示にする