NOMAD-staff blog

神戸のセレクトショップ 「NOMAD / ノマド」のスタッフブログです。

曖昧な線引き

みなさま、こんばんは。

 

担当Fです。

週末はTSUKI.Sのニットをたくさんのお客様にご覧いただきました。

大変うれしく思います、ありがとうございます。

良いものを手に取って頂けて、本当にうれしく思います。

 

 私が毎朝利用するコーヒー屋さんがあります。

友人が一人で頑張っております。

先週末、こんなことがあったそうです。

 

開店直後に『4人で13時から予約を』

こんな電話があったそうです。

 

忙しい土曜日で小さなカフェです。

『広くない店内で、カフェなので。席のご予約は・・・』

と応えると。

『はあ、そうですか』

お客様に申し訳ないな・・・と思ったそうです。

 

《12:30》

『4人来ますんで』

とお客様が1人でご来店。

ああ、この方かな?先ほどのお電話のお客様は。

そう思ったそうです。

 

ドリンクを一つ頼まれると、机を移動させて4人席を作ったそうで。

一言申し上げようかと思いつつも、他のお客様にもゆっくりとした時間の中で、コーヒーを楽しんで欲しいと思った友人。

何もお伝えせずに、サービスをつづけたそうです。

 

《13:00》

店内も店外のテラスも満席に。

テイクアウトのお客様以外はお帰り頂く状況の中で、

たまりかねて、尋ねたそうです。

『そろそろ、お連れ様はいらっしゃいますか?』

すると男性は

『後5分』

そう答えたそうです。

 

《13:30》

やっとお連れさんが3名みえたそうで・・・。

それにしても、1時間も席を占領されると困ったもんだと注文を待つも無い。

どうするのかな・・・と30分ほど談笑した14時に。

結局、何も注文しなかった3名と共にお客様は店外に立ち去ったそうです。

非常に口惜しかったそうです。

他のお客様にも自分の提供するコーヒーをサービスしたかったのに・・・と。

 

お連れの女性3名とにやにや笑いながら、きゅっと厳しい目つきで睨んできたそうです。

 

自分のことではありませんが、腹が立ちました。

『お客様にお伝えして、席の移動をお願いしてもよかったんじゃなの?』と。

しかしながら、これが“普通”という人もいらっしゃるでしょう。

ふと思いました。喫茶店で、これをやる人はいるのかな?と。

サービスで出てきた水だけ飲んで出る人はいない。

この水をサービスした時点で、お店とお客様の関係がある程度確定するのかな?と思うのです。

物品と役務が提供されておりますから。

 

スタバにせよ。これがないから。

お店とお客様の関係が確定しないから、

金を使わんでもよいけれど、施設は利用できるだろうと何も頼まずに

席を確保する人がいるのかな?と。

 

目に見えないコスト。例えば席代。

他のお客様がご来店されても席を占領するために起きる販売機会の損失。

光熱費、トイレの使用などの販売管理費であったりするわけですが。

そこに対しては何も思わないのは仕方がないか・・・。

 

『そこで働いているから自分に対してサービスするのが当然だろう』

こんな考え方の人も多く居ます。

道を聞かれるお客様が尋常ではない口調だったことは、

以前にもノマド日記で書きましたが。

 

お客様を選ぶと言ってしまうと語弊があるかもしれないけれど。

誰に何を伝えたいのかをよく考えないと。

 

あなたの作った空間とコーヒーが好きで来てくれる。

素敵なお客様が離れてしまうかもね・・・そんな話をしておりました。

 

いつもご来店頂いている皆様、

webshopをご利用いただいている皆様。誠にありがとうございます。

 

f:id:kobenomad:20150914203305j:plain

White Mountaineering ×ADIDAS

今週末入荷です。

担当F

 

広告を非表示にする